激痛が走る痛風の緩和方法と薬について

サイトマップ

トップバナー

痛風の発作が起きる前に飲む薬

痛風の激痛の緩和方法に効く薬はたくさんありあますが、痛風の激痛の緩和方法の薬を使用する前に、激痛の発作が起こりそうな前兆を感じたときに飲む薬が存在します。代表的なものが「コルヒチン」などです。コルヒチンを摂取すると効果抜群、一錠飲むことで激痛の発作の前兆の緩和方法として最高の薬です。紀元前からある古い痛風発作の特効薬なのです。

痛風の激痛は体の中の尿酸結晶を白血球が異物としてとらえてしまうので炎症が発生します。そしてコルヒチンは白血球の方の働きを緩和することにより遊走する機能を緩め関節の炎症を抑えます。 なので前兆を感じた時に摂取することにより痛風の激痛、発作を事前に防止する緩和方法の薬としてよく使われるのです。コルヒチンは痛風の激痛を感じた後に摂取た場合、緩和方法の薬として十分な効果はないので注意です。

足裏

注意してほしい薬の乱用

痛風の激痛の発作の前兆としては、足の親指部分がびりびりし、関節がむずむずとなってきたります。注意してほしいのは、薬の乱用でしょう。痛風の痛みは激痛なので、激痛がでて緩和方法の薬を飲む前に、前兆の時点でたくさんの薬を飲んで予防したいと感じる人が多いでしょう。

カプセル薬
痛風の激痛の前兆と薬の服用

ですが薬には副作用があるため飲みすぎは体に決してよい結果を生みません。 薬を大量に摂取すると、腹に激痛を感じたり、下痢や嘔吐を繰り返したりなどの副作用を感じます。染色体異常を発生こともあり、一過性の無精子症になってしまうケースもあります。 コルヒチンを飲むタイミングも大事となるでしょう。前兆を感じてからの経過時間も関連し、早い方が効果が高いです。痛風の激痛の前兆を感じてから、2時間か3時間以内に摂取すると効果的です。

その2発作が起きた際に使用する薬の例

薬イメージ

痛風の発作を発病した際に使用される薬の例として非ステロイド系抗炎症薬があります。 痛みを感じた時は激痛なので、病院は痛風の激痛の緩和方法の薬を出してくれるでしょう。ですがこれは痛風の激痛の発作が起きた時の緩和方法にしかなりません。 痛風の激痛の緩和方法の薬を飲んで痛みが緩和されたとしても、病気自体が治った訳ではないのです。痛風の発作の激痛をケアしただけとなります。

痛風の激痛がひどい時は薬の常用量では緩和方法にならないケースもあります。その時には、通常よりも薬の量を増加し短期的に集中的に対処して行かなければなりません。 痛風の激痛があまりにひどい時に緩和方法として使う薬は「ナプ ロキセン」、「インドメタシン」、「ジクロフェナクナトリウム」、「スリンダク 」などがあります。インドメタシンは有名どころなので、みなさん知っていると思いますが、 他にもご紹介した薬以外にも症状に合わせて沢山の薬が現在あります。どれがよいかはその人の症状などに合わせて先生が処方する のでそれに従いましょう。


相互リンク
http://www.tanteisan.com/
https://www.jitsuin-senka.com/
http://www.k-seek.com/

その2薬の注意点

ただ、抗炎症薬として名高い「アスピリン」は、痛風の人は絶対に摂取してはなりません。 アスピリンを摂取すると尿酸値をあげてしてしまうため、逆に痛みを強化してしまうのです。痛風の激痛の緩和方法の薬は医師の指示をちゃんと種類を聞き、どの薬をどの量摂取するかよくきくことが大切となります。

何度も使用すると副作用が起こる
塗り薬

痛風の激痛の緩和方法の薬で、ステロイド剤を使用するケースもあります。内服薬として服用したり、注射で患部に直接に注射したりします。 膝や足首などが痛みを感じたときに注射を打つと大きな効果が期待できます。ですがステロイド剤を何度も使用すると副作用が起こるため注意が必要です。 また、座薬を使用する場合もあります。このように、痛風の激痛の緩和方法の薬はたくさんあるので、医師としっかり相談して決めましょう。 安易に薬を処方してもらうと思わぬ副作用がでたり、あまり効果がなかったりするので、医師とじっくり相談する ことが必須なのです。薬は大変効果的ですが、一歩間違うと身体に悪い影響がでますので、慎重に選びましょう。薬というのは本当に慎重にえらんで服用しないと 大変なことになってしまい、取り返しがつかないことになることもあるのです。特に複数の病院に通っている場合は、今どんな薬を飲んでいるかをしっかりと伝え、 飲み合わせが悪い薬を飲まないようにする必要もあるのです。ある個所にとてもよくても、他の箇所にはとても悪い、といったような相反する 薬も多くあることを知っておくことも大切です。病気によっては、どの薬も飲めなくなってしまう可能性もあるのです。


相互リンク
http://www.geocities.jp/tomato3171/
http://datsumou-menz.com/
http://lozelhomme.com/

その4尿酸コントロール薬

痛風の薬で、尿酸値を下げる薬、尿酸コントロール薬というのもあります。痛風の激痛の緩和方法の薬ではありませんが、この尿酸コントロール薬を使用し、痛風の元となる尿酸値を下げ、発作を起きにくくさせるのです。 様々な高尿酸血症のタイプにり尿酸の排泄を促す薬と尿酸が合成されるのを抑える薬を摂取します。尿酸の排泄を促すための薬には「ベンズブロマノン」、商品名は「ユリノーム」などが有名です。

ベンズブロマノンを飲むと尿の中に排泄する尿酸の量を増加させます。薬の副作用はほぼないですが、稀に尿酸の結晶がたまると腎障害の悪化や尿路結石になってしまう可能性が存在します。 尿酸の合成を抑える薬の代表的なものには「アロプリノール」、商品名は「アロシトール」や「ザイロリック」などが存在します。

医師とよく相談して薬を選びましょう
病院イメージ

アロプリノールもほぼ副作用はありませんが、珍しいケースで肝障害や胃腸障害などへつながってしまう場合もあります。 尿路結石を防止するためには「ウラリット」という薬を摂取するのがいいでしょう。尿の中に尿酸を溶けやすくし、結晶化を防いでいくのです。1日に2gから3g摂取することにより尿をアルカリ化して尿路結石の防止が可能となります。

このように痛風発作を感じた際、医師と相談しながら尿酸コントロール薬を服用し、尿酸値を下げる方向で治療する場合も多いです。 ただ、 薬の服用を開始しても急激に尿酸値が増加する場合があり、痛風発作を発生してしまうケースもあります。ですが半年も経過すれば尿酸値が安定するため発作は起こらなくなります。 ご不安な点などもあると思いますので、血液検査などを定期的に受けながら、しっかり と痛風の発作をできるだけ抑えるように医師と相談していく必要があります。検診は痛みがなくなっても必ずうけましょう。 知らない間に尿酸値が上がっていて、また再発、というケースもあるからです。もし尿酸値がまた上がってくるようなことがあれば、その時は 尿酸値をコントロールする薬を飲めばよいのです。一番ダメなのは世間一般的にも言われていますが、自分で勝手に 判断することなのです。症状が出にくいので、気づかないうちにどんどん進行してしまっているケースも非常に 多く見受けられます。軽い病気であれば、症状が出てからでもよいかもですが、痛風の様にひどい病気になると 後々手遅れになりがちです。実際に私の周りでも、簡単に考えていたせいで、後々重い病気と付きあうことに なった人もいます。合併症などを併発するとそれこそ何もできない状態になってしまうのです。あの強烈な痛みを 一生抱える、というのは人生にとって大きな負担です。軽く考えずしっかり対策しましょう。


相互リンク
http://www.js-iijima.jp/
http://abe-jim.com/
http://momi-lg.com/recruit/

その5ザイロックに関して

ザイロック錠

先にでた「ザイロリック」について紹介します。上で紹介した新薬と同様に、痛風の根元になる尿酸の生成を控えることが可能です。 ザイロリックで痛風の高尿酸血症のケアが可能となります。体の中の尿酸の量を減少させる効果があるので、尿路結石といったものの合併症にも効果的です。 ただこれはあくまでも尿酸を管理するための薬品なので、発作が起き、痛風の激痛の緩和方法の薬としての使用は不可能です。

痛風の発作が起こった場合は激痛が激しいので、緩和方法の薬の鎮痛消炎剤で痛みを減少させることを行わなければなりません。 ただ、副作用で使用することにより痛風から起こる関節炎が悪い方向へ行く危険性もあります。そのため、発作が起きないよう、ザイロリックを摂取するのですが、注意点は、水分を大量にとっり可能な限り尿を多く出すようにすることです。

ザイロックの注意点
痛風になった足

また、心臓や腎臓に疾患の診断が出た時は使用が出来ないので、担当医と相談してから摂取を行わなければなりません。ザイロリックの副作用として、まれですが強いショック状態になってしまうなど重い肝機能障害になってしまうことがあります。 他にも、発疹が出たり食欲不振になったり、胃に不快感があったり、全身に倦怠感があったり、難便や下痢などの症状が出ます。 他にも白血病の薬であるロイケリンとイムランの代謝を阻害する性質もありますので、これらの薬を併用して服用する場合はロイケリンとイムランを1/3~1/4に する必要があります。

痛風の激痛に悩んでいる人でも肝疾患のある方や腎機能がうまく機能しない人は慎重に投与することが必要です。 腎機能がうまく機能しない人は血中濃度が高いまま持続してしまう危険性があるのです。高齢者の人だと、排泄機能も弱っているので薬が体から出ていくまでにも時間がかかります。 なので、慎重な薬の投与が必要不可欠となるでしょう。どういったときも、専門医に相談して薬の使用や量などについて相談し、正しく 服用しなければなりません。間違って服用すると、薬は効果が薄れてしまったり、逆効果になることもあるのです。そのことをしっかりと 基礎的知識としえ覚え、ただしく服用することを心掛けましょう。薬というのはどんな種類にも関わらず、服用方法があります。食前食後、など簡単な ことでも薬の効果が弱くなってしまったり、過度の服用で副作用がでたりすることがあるのも基礎的知識です。食前、食後、などは安易に考えられがち ですが、これも非常に重要な部分なのです。しっかりと用法を守って摂取することが大事だということを基礎的知 識として覚えておきましょう。対して変わらないだろうと思ってしまいがちなのですが、薬を飲むタイミングがずれただけで効果が 変わってくることもあるのです。素人は簡単に考えますが、タイミングは非常に大事なのです。また一緒に飲むものも、お茶や水などで 変わってくるので、医師の指示通りにしましょう。


相互リンク
https://www.sougi-sos.com/saijou/saitama/tokorozawashi-saijou
http://www.katou-dent.com/
https://www.wakida8.com/

その6画期的な痛風の薬!フェブリク錠

メディアなどで報道されている痛風治療薬、帝人ファーマが開発を行った「フェブリク錠」。 高齢化社会と食事が欧米化したことにより、日本国内における痛風患者の数は、日々増加増しています。こういった背景により、日本の製薬会社が痛風の激痛の緩和方法の薬に力を注ぎ始めたのです。

これまでの痛風の激痛の緩和方法の薬は、痛みを減少するものや尿酸の排出を活性化させるものでした。その中、「フェブリク錠」は、尿酸値を低下さる&痛風という病気自体を完璧に治してしまおうという画期的な薬なのです。 痛風以外に高尿酸血症にも効果があります。元来の痛風の激痛の緩和方法の薬は、痛風の症状がないと高尿酸血症の人には薬の処方は無理でしたが、フェブ リク錠が処方できるのは、意味があります。

広がる痛風薬の市場
痛風薬イメージ

フェブリクのように尿酸の生成を防止するタイプの薬品は、他にはグラクソ・スミスクラインが販売する「ザイロリック」しかありませんでした。 日本の製薬会社が今このような痛風の治療薬を開発したことにはとても大きな出来事なのです。帝人では痛風分野をメイン事業のひとつとし、痛風の激痛の緩和方法の薬、痛風を完治させる薬の開発に取り組んでいる武田薬品と手を組んでいます。 フェブリク錠には10mg、20mg、40mgなどが存在し、治療開始当初は10mgから開始し、徐々に様子を確認しながら量を増加していくことが大切となるでしょう。 これからも痛風を患う人は増加していくと言われているて、痛風の治療薬市場は日々成長を遂げています。これからも痛風の激痛の緩和方法の薬新薬が 生み出されることに期待したいです。そうすれば、現在日本に多くいる痛風に苦しむ患者が助かるようになり、激痛に苦しむ人が少なくなる ことが可能になりますよね。また他にも尿酸値をコントロールする薬はぞくぞくとでてきていますので、日本人は特に尿酸値が高い人種、特効薬のような薬や緩和方法が開発されることが 本当に期待されています。気づかないうちに大変な事態を引き起こす尿酸値ですので、さらなる進化に期待したいですね。