ビールを頻繁に飲む男性に多い痛風について

サイトマップ

トップバナー

男性に多い痛風

体に痛みを感じてしまう病気

「痛風」という名の病気をご存知ですか?見た目の通りですが、体に痛みを感じてしまう病気のことです。痛風の根元としては、血液中や関節の中に尿酸の結晶が蓄積されてしまい痛みが出ます。 尿酸は元々人間の体内に存在するものです。多少ながら、血液や体液の中に溶けだし、体の中を巡ります。

のちに、尿の中に入り体外へと排出されるでしょう。これらが何かしらの原因により尿酸の濃度が高り、飽和状態になってしまうと体内にたまります。溶けずに残った尿酸が結晶となってしまいます。 このようにして蓄積された尿酸塩が関節内につき、血液中の白血球が防御反応を表す際に痛みを感じます。普通に生活をしている時、ある瞬間突然に足の親指の付け根部分が腫れて、とてつもなく痛くなります。

痛風になりやすい人の条件

のちに、痛みは消えていきますが、半年から1年ほどでまた、痛風の発作が起こってしまいます。 この発作を繰り返していると膝や足首などの関節が腫れてきて、発作のスパンもとても短いものとなるでしょう。痛みは薬で抑えることが可能となるのですが、すぐ薬が効くわけではないので、一時は痛みとの戦いですね。

痛風を発病する人の多くは男性と言われています。痛風になりやすい人の条件を、あげましょう。 お酒を飲みすぎる人、食べ過ぎて体内に脂質を蓄積してる人、ストレスを感じている人、薬などの影響などが存在します。 様々な原因がある痛風なのですが、自分がどれにあてはまるのか、一度チェックされてみるとよいと思います。

男性に多い訳

痛風状態

痛風を発病する多くは男性であると、言われています。痛風患者を男女別に目を向けると、10年ほど前の調査では98.5%が男性残りのたった1.5%が女性という調査結果が分かっています。圧倒的に男性に多く、発病してしまう病気ということが、目に見えてわかりますよね。では、理由はいったいなんなのでしょうか。

尿酸も関連してくる

これには、痛風の原因となる尿酸も関連してくるでしょう。尿酸値の数値は男性の方が女性よりも、とても高いのです。血液中の尿酸の濃度を比べてみると、女性よりも男性の方がどうみても高いのです。これには女性の場合、女性ホルモンの働きによって尿酸を腎臓から体外へ出しやすく作られている事が根元でしょう。なので閉経後の女性は、女性ホルモンが減少するので、尿酸の濃度の男女差が全くなくなります。

ビールで一杯

ですが近年では食事の欧米化などにより痛風の発症年齢が若者へと広がっています、昔より女性の患者数も増加傾向にあります。尿酸値は食生活に、とてつもない影響を与えてしまいます。 生活習慣がひどくなると尿酸値が一気に蓄積されやすくなってしまい痛風の発病も遅くないといえるでしょう。内臓脂肪型の肥満の人に目立って多く確認できています。

ですが生活を見直したりするだけのみでは、痛風を予防するのには、全然足りません。運動不足だったり 、食べ過ぎだったり、アルコールを飲みすぎたりとも言ったものがかなりの影響となるのでこういった生活 を繰り返す人は日頃の食事などから気を配る必要があるでしょう。痛風は、ひど くなってしまうと腎臓などの内臓にたまっていき、命に関わる難病などの病気の根元になってしまうので す。 尿酸値が高い方は日頃の生活や食事の中できちんと注意し、根元となるものを減らしていく ことのがよいでしょう。日本人が特に好きなビールなどは痛風の主な原因でもあります。

痛風の激痛の緩和方法に関する薬など