痛風結節を知り調理療法を改善する

サイトマップ

トップバナー

痛風結節と調理療法

体温が低いと痛風結節が出る場合も

痛風の治療を行わず痛風が進んでしてしまうと、関節周辺にコブが出てきます。これは「痛風結節」というものです。痛風を放置し、関節に炎症が起きた状態をずっとキープしていると、尿酸が結晶となってしまい関節以外に皮下組織や軟骨周辺などにも蓄積しコブのような状態になるのです。 痛風結節が出てしまうのは、体温が低いケースです。いうなら耳たぶとか手足の指とかひじ関節の後ろとかアキレス腱などの場所が考えられるでしょう。

コブの大きさは様々で、大豆程度の小さなものからりんごくらいの大きなものまでと、沢山の種類があります。痛風結節は痛風を放置した方に多くみられますが、全ての人に出る症状ではないのです。痛風を放置した、数年後に一部の人だけに出てきます。痛風結節や痛風関節炎などにより症状を自覚できるようになってしまえば、それから治療を開始し病気の進行を食い止めることが可能となるのです。

尿酸値が高いとコブが更に膨大

だけど痛風の発作や痛風結節など症状が全くない人もいるのです。こういった人は病気を感じないうちにどんどん放置している状態となるのでリスキーです。痛風結節を発病して、そのコブに痛みは全くないのです。ですが尿酸値をちゃんと管理しないと、尿酸値が高いとコブが更に膨大になります。

このままコブを放置することで関節の形が変わったり、自由に指が動かせなくなったり、関節が破壊されることもあり尿酸値を正しい数値にするようにケアを行わなければなりません。尿酸値が正しくなれば結晶は溶解されていって排泄されていくので、コブも小さくなり、最後にはなくなるでしょう。

調理の工夫

調理方法を見直すだけで、とても痛風に効果が期待できます。痛風になったからといって肉を口にできないのはつらいですよね。調理をするときに、肉にひと手間かけておいしく食しましょう。 最初は肉の皮や脂身を省いていきます。豚肉に付着している脂身をとり、鶏肉についている皮をはぐことも大切となります。このようなことでもかなりのカロリーを減少すること可能となります。 下茹でもかなりの、カロリーダウンへの効果が期待できます。

ゆで汁の中に肉から脂肪分が抜けるのです。茹でる際にはアクをちゃんと取るようにしなければなりません。痛風は尿酸が多くなると発生し、尿酸はプリン体をたくさん食べると沢山出てきます。 そしてプリン体が多く含まれているものを痛風の人はあまり摂取しないようにしなければならないのです。ですがプリン体も調理方法次第で減少することが可能となるので、時々、摂取するには問題ないと思います。プリン体は水溶性なのです。

ポイントイラスト調理のひと手間で痛風に効果が期待
料理

なので、肉などを茹でることにより茹で汁の中に溶け出るので、茹で汁は捨てなければなりません。 魚の状態、内臓をちゃんと取り除けば、プリン体を減少させることが可能となります。内臓の処理をちゃんと行い調理するように心がけ、煮干しやしらすなど内臓がついたまま調理されているものを食べるのはやめましょう。

肉を焼くとき際、肉から出てくる脂分をキッチンペーパーなどで、省くのが大事となるでしょう。実際は フライパンよりも脂肪分の多い肉の時には網焼きやグリルなどで焼いた方が余分な脂を落とすこと も可能なので体にとても良いです。こういったように調理する際にひと手間か けるだけで、かなり痛風に効果が期待できるので意識して料理する事が大切となります。 一番油が落ちる方法としてはグリルなどで焼く方法になります。油をしっかり落としたいので あればよく焼くようにしましょうね。

痛風の激痛の緩和方法に関する薬など