予防しなければならない痛風腎と診療科の探し方

サイトマップ

トップバナー

痛風腎と診療科

心臓や腎臓など色々な臓器に影響を

痛風を長い間放置していると尿酸の結晶が体の中に蓄積していくことは、もうご存知ですよね。結晶は体内の全組織に起こる可能性があるので、心臓や腎臓など色々な臓器に影響を与えてしまいます。それにより脳血管障害や腎障害や虚血性心疾患や尿路結石、動脈硬化といった重大な合併症を引き起こしてしまうのです。

更に痛風のために増加した尿酸の結晶が腎実質に蓄積し腎臓の機能を機能させなくなる病気を「痛風腎」というのです。痛風腎を発病してしまうと、体内に結石を作ってしまう状態へ陥ってしまいます。その結石により尿管が傷つけられたり刺激されたりし、お腹や背中に激痛が発生してしまいます。悪化すると血尿が出てしまう場合もあります。

食事療法がある

痛風腎には自覚症状がほぼ無いのです。なので気がつかない人も沢山いる病気となります。中には血尿がでるとか蛋白尿で病気かもと思う人も存在するほどです。そして腎臓のケースとして症状がかなり進んだときでなければ自覚症状を感じれません。痛風の発作が進んでいき、体にむくみが出てきたなど尿量が異常に減少し体の異変に目が行くようです。

痛風腎を緩和するために、薬物療法と食事療法があるでしょう。尿酸排泄促進剤や尿アルカリ化剤や尿酸生成抑制剤などが処方されています。食事療法だとして、食生活の改善をしなければなりませんね。肉を多く食べていると体が酸性となるので、野菜を摂取してアルカリ性になってしまいます。プリン体が豊富なビールを抑えて、魚卵や内臓類なども抑えなければなりません。腎臓の機能低下がなければ、尿量を増加するために水分を十分にとるようにしなければなりません。

診療科

病院外観

更に病院へ通院しようと思った際に、痛風の場合には何科へ行けば良いのか診療科がわからないかもしれません。痛風の治療を専門な診療科は、「リウマチ科」や「内科」や「腎臓内科」や整形外科」や「膠原病科」などです。その中には「痛風リウマチ科」と診療科に分かりやすく痛風専門と書いてあるところもあります。

痛風の専門外来を設置している病院も存在するので。正しく自宅や職場の付近にある痛風の治療を行う病院が調べたいときには、公益財団法人の「痛風財団」のHPを参考に考えると良いでしょう。その中で「痛風協力医療機関」が載せられているので、数ある病院の中から自分が通えそうな病院を探すことが可能となります。痛風の治療を行っている専門家から診断をもらうことが可能となります。

湯船の中で軽いマッサージを行う

そうして近所に通えそうな病院がないなら、まず「内科」を受診することをオススメします。突然起きた激痛を緩和したい時には整形外科に通い痛みを緩和してもらうのも効果的です。そののち痛風の治療を行うには、発作が開始して尿酸をコントロールを行うことが大切となってきます。薬物療法のみではなく食事療法など生活習慣の指導などもあるので、内科を受診した方が正しいとも言えるのです。

痛風の発作が一回でも発生したことのある人は、普段から病院の場所などを調べておくこ とがよいでしょう。発作が発生し痛みが緩和したらすぐにでも病院へ足を運びましょう。もしかしたら痛風 ではなく他の病気の可能性もあります。ちゃんとした検査をし、病名を確定して置けば今後、行う対処に対しとて も大事なこととなるでしょう。検査して、その結果痛風と医師から診断された際には、根気強く治療を行わなければ なりません。勝手に薬を飲んでよくなったから、と安心せず、しっかりと医師にかかって治療するようにしましょう。 一旦発作がでると、何もできず激痛に悩まされるだけになってしまうのです。

痛風の激痛の緩和方法に関する薬など