ぜいたく病の特徴と発作の特徴

サイトマップ

トップバナー

ぜいたく病と発作

食糧事情が起こる可能性

痛風は、発症した人にしかわかりえることの出来ない、痛みやつらさがあります。そんな、とてもつらい痛風ですが、 ぜいたく病という名称も付きました。糖尿病も同様です。そして、糖尿病についてですが、戦争が開始すると減っていき、 戦争のない暮らしが与えられて平和になった現代、食糧事情が起こる可能性が増加していると言われました。

痛風も昔は、裕福な家庭や、裕福な人がグルメにご飯を食べることにより発症していまう病気の一種ととらえられていました。 ですが、昔と違い、現代、私たちが生活する日本は、「平和」な世の中となっていったので、大体の方が、どこに家を 立ててもご飯が食べれる生活が送れるようになっているのが、現代の暮らしぶりと言えるでしょう。

高尿酸血症

さて、痛風とは、富裕な暮らしから、一般大衆、都市から地方、壮年層から若年層へも、発病する層を広めていって しまっているのが現実といえるでしょう。痛風という名の病気を詳しく言えば、「エネルギー代謝の調節障害を基盤とした 高尿酸血症をもってる方が、過剰に 産生された尿酸のために急性の関節炎症状を起こす病気です。

痛風に、関連のある病気というのは、高尿酸血症という症状があり、尿酸が痛風の発症に密接に関係していることが、 原因の一つといえるでしょう。病状が残念ながら進行してしまうと関節の変形・破壊、そして腎障害(痛風腎)、高血圧、高脂血症、虚血性心疾患、糖尿病、肥満症といった病気を発病してしまう可能性があると思っていいでしょう。

発作

発作におびえる人

痛風の発作は、どの程度なのでしょう。風が吹くと痛みが走り、通りすがりの人の振動ですらも激痛の根元となりうる 痛風発作は、どれくらいのものでしょう。痛風の発症の沢山の人が、足の親指のつけ根が腫れ、今まで生きた人生で一度も 経験したことのないような激しい痛みに襲われ、2、3日立つと嘘のように痛みが回復します。

足の親指のつけ根に初発症状

痛風発作の原因は、組織の中で溶けきらなかった尿酸塩が関節部分にたまっていくとが原因といえるでしょう。更に、 尿酸塩が一番たまりやすいところが足の親指のつけ根にある関節となります。なので、痛風を発症した、約70%近くの方が 足の親指のつけ根に初発症状を感じるのです。足背部、かかと、アキレス腱の付着部分、膝関節に初期症状を感じる人もいます。

他にも、手指、肘、肩、上肢の関節に、発作を起こケースはまれですが、手の関節に、症状がおきてしまう場合もあるようです。 どうして、下肢のそれも、親指のつけ根に発作が起こってしまうのは、一番負担がかかってしまう、良く使う、蓄積しやすい、 足の親指のつけ根。とも言われてますが、真相はよくわかってはいないでしょう。なので、医者が言っていることもズレているかもしれない ということを覚えておきましょう。心配であれば、セカンドオピニオンを求めてよいかもしれません。

痛風の激痛の緩和方法に関する薬など