発作の大まかな原因をしる事によって間隔を理解する

サイトマップ

トップバナー

発作と発作の間隔

次第に発作の間隔は狭くなる

経験のない激しい痛みは、2、3日でピークを超え、大体は一週間以内に鈍痛に変わり、初期症状なら二週間もすれば、 何事もなかったかのように、完治してしまいます。発作と発作の間隔は、個人よりバラバラですが、私の場合第一回目から二回目の間は四年間、二回目から、三回目までの間は、一年間で三回を発作が起こってしまっています。

そして、発作を繰り返しているうちに、尿酸は体内にたまっていき、次第に発作の間隔は狭くなります。痛風発作は激烈で あるため、腎結石とともに痛みの双璧といわれていますが、痛みそれ自体は致命的ではないので、困りものです。 ですが、発作はその人にとって大切な状況で、出ては困るような状況で起こしてしまうことが多いようです。

無症候性高尿酸血症について

次に、無症候性高尿酸血症についてです。尿酸というものは、化学的性質からある一定以上を超えると血液中に溶けにくくなり、体内あちこちにたまっていってしまい、 痛風発作へ導いてしまいます。とても恐ろしいですよね。痛風患者である人の、おおくは例外なく高尿酸血症という状態が、あるのはそのせいといえるでしょう。

原因

ですが、高尿酸血症があるというだけで、痛風にはならないでしょう。痛風が発症する原因としては、尿酸が体の中に どれほどたまっているのか、高尿酸血症がどれほどの長い年数続いて、いるかが、関係してくるでしょう。基本的には、高尿酸血症を発病し、、それらを放置して約十年経過させてしまうと、関節炎の症状が出てしまうといわれています。

進行を食い止める事が可能
処方箋イメージ

痛風発作の自覚症状があれば、現代医学により進行を食い止める事が可能です。尿酸が腎や血管に障害を、招くタイプです。尿酸塩が腎にたまっても、ほぼ自覚症状がありません。腎障害は、かなり障害が進まないと症状を確認でいないのが特徴なので、関節炎はなくても腎障害があり、 世間一般的に知られている痛風腎になります。

そして、尿酸が血管を傷つけ、心筋梗塞を引き起こしてしまうことも考えられます。こ ういったものは、「痛風発作」は尿酸が体内にたまったこと を知らせる警鐘ととらえる事が可能でしょう。そうはいっても、発作は激 烈でつらいものですが、本当に恐ろしいのは尿酸がたまっていることを、知 らずに腎臓が障害へとつながったり、心筋梗塞を発病することです。 このように痛風自体も痛みが人にもよりますが、激しい痛みを伴うと苦痛以外の何者でもありませんのでつらいものですが、他の病気を併発することもある危険な病気なのが痛風なのです。

痛風の激痛の緩和方法に関する薬など