ぜいたく病と呼ばれた痛風の初期症状を知って早めの処置を

サイトマップ

トップバナー

ぜいたく病の痛風の初期症状

発病する時期が若年化している

昔の話ですが、痛風に対して「ぜいたく病」という名前をつける人もいました。前は栄養バランスを考えずに食べたいものを食べたいだけ食べると痛風になってしまうという感覚で、お金持ちやある程度収入が楽な年配の方がかかる病気と勘違いされてました。だけど近年では全然違ったものとなっています。

昔では40代や50代の男性がかかるケースの多い病気だったのです。だけど今では痛風を発病する、時期が若年化していて30代での患者が多くなっています。そして20代で痛風を発病する人が存在し、患者数は年々増加傾向にあるようです。前はぜいたく病。という名前がついていましたが、沢山の人が普通の水準の食生活を出来るようになった今では誰にでも痛風発病の恐れがあります。

痛風の根元にも関連するストレス

食生活が欧米化してきたのも理由の一つですが、コンビニやファミレス。24時間好きな時に食べ物を摂取することが可能になり、楽に食事が可能になり痛風の根元になる物質を摂取してしまう環境に変わってしまったのです。そして今はストレス社会で、痛風の根元にも関連するストレスに悩む人も増えて、沢山の人がかかりうる病気となってしまいました。

だけど、中にはお酒も飲まず暴飲暴食もしていないのに痛風になってしまう人もいます。このようなケースは、食生活というより体質が原因と考えられます。尿酸が体に蓄積してしまう体質であるといえます。痛風は遺伝性にも、関係がしてきます。なので親兄弟、親戚で痛風の人がいたら自分も同様に尿酸が蓄積しやすい体質であるといえます。このような意味から考えても、痛風は「ぜいたく病」じゃなく、我々の生活の中で一番身近な病気であるのです。

初期症状

親指のつけね

もしかしたら痛風かもしれないと疑うにはどのような自覚症状があるのか書いていきます。最初の症状にはあまりはっきりとはわからずに痛風だと感じない人も沢山います。痛風の症状は下半身を中心とし、特に膝や足の関節にも痛みが発生します。どういった初期症状が存在するのかというと、代表として足の指に軽い痛みが発生してしまいます。そして親指の付け根部分に強い痛みが出るようです。

膝など色々な関節に炎症が現れます。そして膝などに熱を感じ痛みを感じるようになっていきます。 足が腫れてきて指の形が変形するケースもあります。立ちあがる際に足に力を入れるため痛みを自覚します。初期症状の7割は足の付け根が痛みを感じるのですが、悪化すると靴を履くことも困難になってしまいます。それ以外に、足の甲、くるぶし、かかと、アキレス腱への炎症も確認できるでしょう。

 睡眠中の夜中2時くらいに炎症を感じる

最初の痛みが出てきやすい時間帯もあるのです。基本的に睡眠中の夜中2時くらいに炎症を感じることが多いようなのです。2時くらいからだんだんと痛みを感じていき、そののち痛みの範囲が広がり痛さも激しいものとなってきます。起床後も痛みを感じるために、歩くことも立つことすらも出来ないような痛みを感じてしまいます。

最初の時では、痛風の発作は1年に2回か3回くらい起こってしまいます。だけど治療を出来ずに放置 すると回数が増加してしまいます。痛風の場合、完治することはありませんが、薬などで痛みをカバーし生活習慣 などを見直し症状を改善することは可能です。そのためには定期的に通院して血液検査を受けて、その数値に合った薬を 処方してもらう必要があります。同じ症状でもその度合いによって処方される薬も変わってくるのです。

痛風の激痛の緩和方法に関する薬など