自分で予備軍だと決める前に病院へ

サイトマップ

トップバナー

予備軍

痛風の予備軍が100人のうちで30人

今日本には痛風の予備軍が100人のうちで30人もの人が存在するようです。発表されたのは血液中に占める尿酸の濃度が7.0mg/dl以上の高尿酸血症が存在するといわれています。数値が増えると結晶が体内にできやすくなって痛風を発病してしまいます。ただ今、尿酸値が8.0mg/dl以上存在する痛風の予備軍と診断された人は、痛風患者の4倍以上存在すると発表されています。

そして7.0mg/dl以上ある人は予備軍よりも3倍以上も痛風患者はいるそいうです。そうして痛風の予備軍と定められている高尿酸血症の人は増加傾向にありますが、一般的にはこの話はあまりしられていません。高尿酸血症状になったとしても、全く自覚症状がなく、痛風の症状がでるまで5年、10年とかかることが原因としてあげれます。症状が全く現れないため放置してしまう人が多いですが、この時にも実際に体への蓄積は確認できます。

痛風を発病するのは40代から50代の人が多い

痛風の予備軍になってしまう人は、男性、太っている人、お酒が好きな人、40歳以上の人であるといわれています。痛風になる人の2人に1人は肥満体質の人です。太っている人は汗をかきやすい体質の人がほとんどだと思います。痛風の根元になりうる尿酸は大体がが尿と一緒に排出されていきます。汗をたくさんかくとその分尿が少なくなるため、体内に尿酸が蓄積しやすいのです。

ビールの中にはプリン体が豊富に含まれていて、ビールを好まれる人は痛風になってしまいます。 そしてアルコールは体の中にたくさん尿酸を作成するそうです。そして痛風を発病するのは40代から50代の人に多くみられます。男性は思春期から尿酸値が増えて、そののち飲みすぎや過食などにより尿酸値が上がってしまいます。こういった条件に当てはまる人は、痛風予備軍になってしまわないように心がけていかなければなりません。

検査

検査イメージ

関節に痛みを感じたとし、自分の痛みが痛風に値するものとなるのか自分で判断するのは難しいでしょう。病院では痛風かを診断していくために検査を行います。最初は尿酸値を確認し、痛風であるかの検査を行います。血液検査をして尿酸の数値を調べていきます。正常値は男性で4mg/dlから7mg/dlで、女性は3mg/dlから5mg/dlが標準の数値となっています。

レントゲンを撮って骨に異常があるかどうか、診断していきます。普通はこれだけで痛風であるかどうかを調べていきます。骨に異常がなく、尿酸値が正常値以上あり、突然発作的に激痛があり、関節付近が腫れ、痛い部位に痛みが起こりやすいことなどを踏まえて診察します。尿酸値オンリーで判断が困難な場合には、関節液をとり、検査します。

顕微鏡で診断

注射針を刺して患部から直接的に、関節液をとります。関節液の中に尿酸の結晶が存在するのか診断をします。通常的にあまり使われない検査でありますが、痛風結石が存在するのかどうか結節の組織を検査するケースも存在する。とった組織の中に尿酸結晶が存在するのかどうか顕微鏡で診断していきます。結晶を確認したら、痛風結節という結果になるでしょう。

この他、問診で痛風発作が発生したときの症状や起こった時期などを質問されます。他に アルコールの摂取量や食生活などの生活習慣についての質問もあるでしょう。家庭内の 既往歴や現在発病している他の病気も影響するためにこのような点についても質 問されます。前のような検査をふくめ、痛風という診察結果となります。 特にアルコールは尿酸値をあげる要因として大きなものですので、量を減らしたり禁酒したり する努力が必要になってきます。痛風の痛さに比べれば、禁酒のつらさなんて大したことありません。 なってからでは遅いです。痛風は治らない病気なのです。激痛を抱えて一生過ごすことを考えれば 禁酒も簡単になりますよ。

痛風の激痛の緩和方法に関する薬など