きちんとした薬物治療の目安を守る

サイトマップ

トップバナー

薬物治療

発作による痛みを予防する

痛風と診断結果を出されたら治療を行います。痛風の治療は、一般的にどのようなやり方なのかを紹介します。痛風の治療のやり方は、1つは尿酸値をコントロールし、痛風の発作を抑えていきます。2つ目は尿酸値を正常な数値へと近づけていきます。3つ目は尿酸結晶により起こると考えられる合併症が発病する可能性も抑えなければなりません。4つ目は糖尿病や高脂血症や肥満など生活習慣病が起こらないことを行わなければなりません。

痛風の発作を予防するためには薬物治療が提供されます。発作による痛みを予防するために薬を投与することが必要となります。薬は発作の前兆を感じたときに飲む薬と発作を感じたときに飲む薬の2種類が提供されるでしょう。発作が緩和されたら次に、尿酸値を下げるための治療を進められるでしょう。

薬物治療と食事療法がとても必要

薬物治療と食事療法と運動療法を行いながら日常生活を考えていくでしょう。尿酸降下薬を投与して尿酸値を下げていかなければなりません。最初は少量の投与を行い、これらを3ヶ月から6ヶ月継続していく間に薬の量を増やしていきます。尿酸結晶が沈着していくことにより腎障害や尿路結石、糖尿病や高血圧や高脂血症といった関連のある病気を発病するため予防治療が必要となります。

薬物治療と食事療法がとても必要となります。更に合併症が確認できた場合は、一緒に緩和していきながら重い疾病が発生しないようにしていくことが大切となるでしょう。痛風の治療薬は日々進歩していっています。長年の研究開発の結果から見ても、昨今素晴らしいほどの研究、治療方法が発表されています。そのおかげで医師の指示の元正しく服用してケアを行えば、かならずしも永遠と服用しなくても大丈夫になるので心配はいらないでしょう。

薬物治療の目安

痛風と先生に言われて即座に薬物治療は開始しません。出来れば薬を使用せずに治療可能なやり方がないか医師は考えるでしょう。行くたびに検査をしたり問診をしたりして症状を検討して薬の投与を決断します。薬を使用せずとも日常生活を改善すれば尿酸値を3mg/dlから4mg/dlまで減少することが可能となります。 食事のカロリー制限をし、、肥満を解消したり、アルコールを制限したり、プリン体を制限したり、ストレスを解消したり、運動をしたりなどのやり方を行うことにより尿酸値は減少が可能となるでしょう。ですがこれを行っても尿酸値が減少しないと薬物治療が開始されます。目安とし、尿酸値が4mg/dlから6mg/dlの状態が正常の値といえるでしょう。

尿酸値が6mg/dlから7mg/dl未満であるなら尿酸コントロール薬の服用はしないでしょう。痛風発作が発生したら定期的な検査を行いながら経過を見なければなりません。尿酸値が7mg/dlから8mg/dl未満であれば軽症の高尿酸血症であるので、尿酸コントロール薬の服用はしないでしょう。ですが頻繁に痛風発作が発生したり合併症がある場合、遺伝歴が存在すると薬を服用することが必要となります。

尿酸値
医者

尿酸値が8mg/dlから9mg/dl未満で痛風発作が一度でも発生しなければ尿酸コントロール薬を服用することでしょう。尿酸値が9mg/dl以上になると腎障害に進まないように尿酸コントロール薬を服用することが必要となります。痛風の発作が発生しなくても尿酸値が7mg/dl以上であるならば、尿酸が結晶化し高尿酸血症と診断を受けて日常生活上で注意事項を指導される診断などがあります。

自覚症状がなくても血液検査をする機会があり尿酸値が8mg/dl以 上であるならば病院へ足を運び診察を受けることが必要となるでしょう。 腎臓などに問題があるかもしれません。尿酸値はお酒をたくさん飲む人で特にビールを飲む人が高く なりがちです。ビールに含まれるプリン体が尿酸値を引き上げてしまう性質を持っているのです。 痛風の人はビールはご法度だと言われるゆえんはここにあるのです。

痛風の激痛の緩和方法に関する薬など