病院からの痛風漢方薬と自分で行うセルフケア

サイトマップ

トップバナー

痛風漢方薬とセルフケア

漢方薬も痛風に効果が期待

漢方薬も痛風に効果が期待できるでしょう。そして体質により漢方薬の効果を感じられないかたもいるでしょう。痛風に効果的な漢方薬としては、次のようなものが当てはまるでしょう。「柴苓湯」は痛風や急性胃腸炎や夏バテ、頭痛やむくみへの効果も期待できます。尿量の数値が低い人にも使用されます。

「大柴胡湯 」は痛風の他にも肝臓や胆のうに異常があるとき、便秘気味の人の胃炎、便秘、痔、頭痛や肩こりやめまい、高血圧、肥満症などにも効果的です。高血圧の人に使用されるケースもあるでしょう。「防風通聖散」は肥満症の人、便秘の人、むくみが感じれる人にも効果的です。お腹回りに皮下脂肪が多くあったりなど、便秘の人へも効果的であるといえるでしょう。

様々な漢方

痛風には「竜胆瀉肝湯」と服用されるケースもあるようです。膀胱炎を始めとし、尿路疾患に効果のある漢方薬であるといえるでしょう。「越婢加朮湯」は関節リウマチや腎炎などにも使用されます。 体の腫れや痛みなどを発散してくれる効果も期待できます。発熱していたり喉が渇いていたりし、尿があまり出ない人に効果的といえるでしょう。

「疎経活血湯」は関節痛や神経痛、筋肉痛や腰痛などに使用される薬品です。忙しい人の時にはエキス剤を服用すると手軽に使用が可能となり便利になることでしょう。「半夏瀉心湯」は吐き気や嘔吐を感じる人、食欲不振の人、胃もたれしている人、下痢の人などにも使用されます。痛風の治療として、「猪苓湯」や「十味敗毒湯」と同時に飲むことも大事となるでしょう。

「猪苓湯」は尿量がすくない方、残尿感を感じる方などにも服用されます。「十味敗毒湯」は腫れて痛みを感じる皮膚疾患に使用されています。痛風の方には昇清を強化するために辛みの生薬が含まれている漢方薬として十味敗毒湯を使用していきます。痛風を防ぐためには、肥満を解消していき尿路結石になってしまわぬよう水分を十分にとって尿量を増加することが必要不可欠となるでしょう。そのため、このような漢方薬が効果を発揮するでしょう。

セルフケア

薬を使用する前に、痛風に大事ななことは、自分で予防することでしょう。自分で予防する際一番大切なものは食事を気に掛けることが必要となるでしょう。食事により体に摂取してしまうプリン体は体内で代謝したあと尿酸へと変化していきます。プリン体を減少するためにも、食事の量を減らしていきます。

プリン体が摂取する量を気にかけ食べるものを選んで食べるのは大事なので、食べ物自体を減少することにより摂取量を減らすようにしなければなりません。食べる量を減少すれば肥満にも効果的で、痛風の根元のひとつともなりうる肥満を解消することも可能となります。アルコールの摂取も心がけなければなりません。更にビールにはプリン体の量が多いので飲酒量を減少させなければなりません。

日頃から気にかけて生活を改善
飲み過ぎ注意

目安としては、缶ビールの場合350mlを1缶、日本酒の場合1合が適切な量となります。水分も積極的に飲むことが大切です。尿が減少して行くと体内に尿酸が蓄積されてしまいます。尿酸は汗からは出ないので、水分をとり尿として出すことも大切なものとなっていくのです。少しの運動もとてもいいものです。

ですが激しい運動を短時間行った場合、効果はあまりないでしょう。逆に尿酸の排出を下げてしまいます。軽い運動を少しずつゆっくりと行わなければなりません。ストレスも蓄積しないことが大切となるでしょう。ストレスによりアルコールの量が増加したり、食べ過ぎたりなどのもんだも出てきます。 適度な食事に適度な飲酒、適度な運動が痛風のために可能なセルフケアとなるのです。

痛風になる可能性の高いと言われる男性、女性でもアルコールを好まれる方は関しては症状がなくても日頃からこの ような点を気にかけて生活を改善すれば痛風を防止することが可能となります。症状がでてしまってからでは、遅い、といっても 過言ではないのです。風邪などと違い痛風はいったん痛風にかかってしまうと一生つきあってい かなければならない病気なのです。痛みも通常の痛みと違い、歩けなくなるようなひどいものですので、ならないことに すまないことはないのです。痛風の痛さはこの世の地獄と呼ばれるくらいです。

痛風の激痛の緩和方法に関する薬など