偽痛風が生まれた原因は似ている病気があるから

サイトマップ

トップバナー

偽痛風

偽痛風は痛風とは全然違う

「偽痛風」という痛風に似た紛らわしいものもあります。偽痛風は、痛風とは全然違います。痛風のケースには、尿酸が結晶化して関節に対して炎症を発生することで痛みを感じます。ですが偽痛風の場合には、ピロリン酸カルシウムの結晶が軟骨に沈着して炎症を感じる関節炎なのです。 約半数が膝関節に起こってしまう病気ですが、その他の関節に病気の症状が出ます。

比較的大きい関節で感じやすいので肩関節とか足関節などにも発生してしまいます。確かな根元は明確ではないですが、発症するのが60歳以上が増加しているので加齢により傷んでしまった軟骨についてしまうのが関係しているのではないかといわれています。関節に熱を持ち痛風と同様に激しい激痛を感じる病気となります。

偽痛風の半数の人は症状がない

痛風よりも偽痛風の方が痛みは若干弱くないです。急性の偽痛風のケースは1ヶ所から数ヶ所の関節が数日間痛みを感じます。急性発作であるので突然発生して自然と緩和されます。偽痛風の患者さんの大半の人に関節の変わり進行されます。偽痛風の半数の人は、症状がなくX線上で石灰化が確認されるだけとなります。

偽痛風の緩和としては、痛みを感じる対処療法と局所を休ませるしか方法がありません。薬で結晶を取り除くこと不可能です。急性発作のケースには抗炎症薬などを経口投与して痛みを緩和します。症状により関節の中にヒアルロン酸を投入したりするケースもあります。症状が強いと人工関節に置換したり関節内を洗浄なども行います。偽痛風が疑われるときには整形外科を受診して見てください。

似ている病気

迷う人

関節にいきなり激痛が走るからといって「痛風」とは決めつけれません。痛風に似た病気もあるのです。なので個人で勝手に診断したりなどは禁止であるので、ちゃんと医療機関で相談することが必要となります。痛風の大きい特徴としては、関節の痛みにプラス尿酸値が大きいということあります。痛風に良く似た病気として紹介できるのは「慢性関節リウマチ」となるでしょう。

痛風と同様に関節が痛みが生じます。痛風の症状は足の親指の付け根のみといったように1ヶ所痛くなるのが基本的なのです。これに対し複数ヶ所痛くなったりという左右対称で痛みが出てくると慢性関節リウマチを発病した危険性があるでしょう。痛みや腫れは痛風よりも弱いものとなります。 痛風の際は、激痛が突然やってきて数日間痛みが継続するのですが、慢性関節リウマチではじわじわと長期間痛みが持続してしまいます。

他にもある同じような症状
くるぶしに痛み

その他「回帰性リウマチ」などもあります。リウマチと同じような病気でで痛風と一緒で急激に痛みなどが出ます。手足やひざの関節などに痛みが出て数時間で治ったり、3日ほどで治ったりするので痛風よりも早く緩和されるでしょう。尿酸値は痛風ほど高い数値は叩きだしません。関節の劣化し痛みが出てしまい「変形性関節症」が発生するケースもあるでしょう。

軟骨がすり減って直接骨同士が、こすれ痛みが発生してしまいます。尿酸値は上がっていき、炎症も軽く済むことでしょう。痛みは痛風ほど酷いものではないので発赤も、あんまり確認できないでしょう。「ほうか識炎」など、皮下組織の中にブドウ球菌などの菌が入り感染を生じることで発病する病気です。痛風が発生しやすい部分に出てしまうと見極めが困難となります。

「石灰化腱炎」は、靭帯や腱や髄液包に石灰がたまることにより痛みが生じます。ひざ や足や腰などに「神経痛」として痛みが生じてしまうこともあるようです。部位によって見極めが困難 となりますが、尿酸値などを見て判断できる可能性もまだあるのです。通常であれば、7という数字を超えると痛風の症状をいつ発症しても おかしくないと言われています。症状がどの数字で起きるかは人にもよります。ですので、他の人の数字を当てにするのでなく、 医師のあなたへの診断をしっかりと聞いて指示に従うようにしましょうね。自己判断だけは絶対に禁物です。

痛風の激痛の緩和方法に関する薬など