痛風以外の病気にもなるドロドロの血液

サイトマップ

トップバナー

ドロドロの血液と痛風

痛風になる可能性が高い

血液がドロドロとしている人は痛風になる可能性が高いでしょう。痛風の根元となりうる尿酸は本来血液の中に存在し尿として排出されるのです。ですが血液がドロドロだと血液の循環が悪くなっているので尿酸を排出する力も弱まり血液の中に蓄積されやすいのです。なので痛風を防止したい時、血液をサラサラな状態をキープすることが必要不可欠となるでしょう。

血液がサラサラな状態をキープには、十分な水分摂取を行わなければなりません。体内に水分が減少すると血液もドロドロになっていってしまいます。通常より水分を多めに摂取することにが大切となるでしょう。そうしてはクエン酸水を摂取も必要不可欠となるでしょう。クエン酸には血液をサラサラな状態に持っていくので、クエン酸水を摂取すれば水分補給もできW効果が可能となるでしょう。 そして血液を温めることも血液をサラサラな状況に持っていく効果も期待できます。

血管中の細胞を活性化

37℃から38℃くらいまで血液を温め血液の循環を向上することによりドロドロ状態をケア出来るでしょう。足湯に入ると体を温めることが可能なため、足湯の効果も期待できます。血管を若くなる効果も期待できます。血管が若返れば脈動が向上され血液循環がいい方向へと向かっていきます。 血管を若くするために、血管中の細胞を活性化させていかなければなりません。他にも音楽を長時間聴くと血流が向上するという話も聞きます。

痛風のみではなく、痛風の合併症を防ぐためにもドロドロの血液を改善して行くことが必要不可欠となるでしょう。ドロドロの血液だと血管の巡りも悪くなってしまうので痛風以外にも動脈硬化、その他の病気のリスクも上がります。

発作の前兆

足がチクチク

痛風は発作の前兆が感じられます。関節部位がムズムズちくちくしたりするケースもあるので、体に違和感を感じたり重圧感を感じたりするケースもあるようです。前兆の感じ方は人それぞれ違うので、痛風発作の前兆を感じられない人もいます。前兆がないと突然痛風の激痛に襲われるわけなのでとても驚くことでしょう。

前兆を感じた時点で、発作が起きた時にどうやって処置すればいいのか頭の中を整理して薬を持ち歩くなど準備が可能となります。痛風の発作は夜中から明け方の寝ているときに発生するケース多いので、発作が発生すると激痛で目が覚めてしまいます。痛風のケースは、発作は1ヶ所の関節に痛みが起こります。

ポイントイラスト部位のマッサージは逆効果

複数ヶ所に痛みが現れるケースは他の病気の可能性も考えられます。痛風の発作が出てしまったら痛みのある関節を安静にして患部を冷却することが必要となるでしょう。こうなると炎症を抑えることが可能となります。湿布薬を貼る、湿布がなければ氷水などで冷やすなどの方法をとってもいいでしょう。前兆が起きた時に、このようなものを準備しておくと効果的でしょう。

痛いからと言って部位をマッサージしてしまう人もいますが、逆効果だといえるでしょう。なるべく安静な状態を保ち専門医に診断してもらうのが良いでしょう。痛風の発作が発生するには、高尿酸血症状態によって異なります。なので尿酸値が高いと診断された場合には、食事や薬などで早期の状態でコントロールして発作を予防してほしいです。

前兆を感じることが出来ない人も沢山いるので、発作が発生したら痛みが緩和としてもすぐに病院へ足を 運んでください。放置すると何回も繰り返し、そのうち関節が破壊されていしまいます。いつまでもいけるだろうと判断を自分でしていた人で本当に 関節を壊してどうにもならなくなって人も沢山いるのです。

痛風の激痛の緩和方法に関する薬など